カナデルプレミアリフトの主要な栄養成分とその特徴

カナデルプレミアリフトに配合されている成分は、大きく分けて3つの特徴があります。その3つとは「高濃度ハリペプチド」「70種類もの美容成分」「整肌成分セラミドVC」です。ハリペプチドとは、コラーゲンの働きをサポートする成分になります。お肌のハリ・弾力が失われていく原因として、肌の水分不足が挙げられます。肌の水分不足を防ぎつつ、潤いをキープするのが保湿成分であるコラーゲンですが、これは加齢とともに体内で減少してしまうのです。

 

カナデルプレミアリフトには、1gあたり24,116個ものハリペプチドが高濃度で配合されています。この美容液ジェルを使用すれば、高い浸透率によって角質層の奥まで浸透して、肌の潤いを維持するのに欠かせない5種類のコラーゲンに働きかけます。これにより、減少しているコラーゲンの働きを活発にさせることで保湿力が高まり、肌の潤いを保つことができるのです。

 

また、カナデルプレミアリフトは、肌のターンオーバーに関係する新陳代謝に注目して、ターンオーバーを促す働きをする成分を、70種類配合されています。配合された成分のなかには、エイジングケアを促進させるナールスゲン、シソ科の植物から抽出した、スキンケアの働きがあるレモンバームなどが挙げられます。保湿作用などを期待できる成分によって、カナデルプレミアリフトを使った人の肌にハリを与えてくれるのです。

 

そして、カナデルプレミアリフトは、美容液では初めての試みであるセラミドVCが配合されていることも注目すべき点です。肌の外側に位置する角質層には、ラメラ構造という水分と油分が重なっている層があります。カナデルプレミアリフトを使用すれば、整肌成分であるセラミドVCの働きにより、ラメラ構造を構成している水分・油分を逃さずに保持できるのです。セラミドVCのおかげで、お肌の潤いをキープすることができます。

 

★カナデルプレミアリフト:配合成分一覧★
水、グリセリン、BG、マルチトール、ペンチレングリコール、メドウフォーム油、スクワラン、トリフルオロ酢酸テトラデシルアミノブチロイルバリルアミノ酪酸ウレア、パルミトイルトリペプチド-5、パルミトイルジペプチド-5ジアミノブチロイルヒドロキシトレオニン、カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル、3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸、グリチルリチン酸2K、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、3-0-エチルアスコルビン酸、リン酸アスコルビルMg、リノール酸レチノール、トコトリエノール、ナイアシンアミド、セラミドNP、セラミドNG、セラミドAP、加水分解エラスチン、加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲン、サクシノイルアテロコラーゲン、メリッサ葉エキス、カンゾウ根エキス、月見草油、ツボクサエキス、オウゴン根エキス、イタドリ根エキス、カミツレ花エキス、カラスムギ穀粒エキス、シャクヤク根エキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、クロレラエキス、ウメ果実エキス、ヒメフウロエキス、ザクロ花エキス、カンゾウ葉エキス、トウキンセンカ花エキス、アンズ種子エキス、オプンティアストレプタカンサエキス、ブクリョウエキス、オーキッドエキス、ホホバ葉エキス、セイヨウオオバコ種子エキス、アルニカ花エキス、キュウリ果実エキス、パリエタリアエキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ゼニアオイ花エキス、セイヨウニワトコ花エキス、ダイズ種子エキス、ローズマリー葉エキス、チャ葉エキス、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、プルケネチアボルビリス種子油、プリンセピアウチリス種子油、アストロカリウムムルムル種子脂、サイペラスエスクレンタス根油、コメヌカ油、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル、アセチルジペプチド-1セチル、トコフェロール、ベルガモット果実油、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ油、レモン果皮油、ローマカミツレ花油、ローズマリー葉油、クスノキ樹皮油、マヨラナ葉油、ダイズステロール、水添レシチン、ジグリセリン、アルカリゲネス産生多糖体、プルラン、ジメチコン、ラウロイルサルコシンイソプロピル、塩化Mg、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、ポリソルベート60、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、イソステアリン酸ソルビタン、ラウリン酸ソルビタン、ヒドロキシエチルセルロース、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール